AULII

優雅にナチュラルライフを

  • ナンタケットバスケット
  • Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)

オーナー&バイヤーのブログ

オーナー&バイヤーのブログ

憧れのリゾート地へ旅行☆ナンタケット島の宿ってどんな感じ?

日本ではあまり名前を耳にすることのない「ナンタケット島」の魅力やホテル選びについて、おすすめの過ごし方などをほんの少しだけご紹介します。

ナンタケット島ってどこ?

まずはナンタケット島について簡単にご案内致しましょう♪
アメリカの東海岸、ニューヨークの北西にあります。
緯度は日本の青森県と同じくらいで、アザラシが生息している【北国】です。
史跡や大型娯楽施設などはなく、古くからある建物の景観と石畳が広がっています。

 

ナンタケット島に行きたくなったらまずするべき事

行き方や休暇のめどがたったら、まずホテルを押さえましょう◎
ナンタケット島は淡路島の半分ほどの小さな島なので、ホテルの数も多くなく、観光シーズンにはすぐに埋まってしまいます。
しかし、前払いのホテルやキャンセル料が高いホテルが多いので、予約の際はしっかり確認することが大切☆

 

ナンタケット島のホテルについて

ナンタケット島には、大規模なホテルはありません。
一見すると家のようで、客室が10~30程の小さなホテルが主流なので、お友達の家に遊びに来たような気分になれるかもしれません◎

ナンタケット島のある地域は、ニューイングランドと呼ばれています。
その名前の通り、英国インテリアや19世紀の家具が置いてあるところも多く、カジュアルな雰囲気の中にお姫様気分も味わえるのも魅力の1つです♪
しかし、ホテル選びはもちろん外見だけではありませんよね。
ナンタケット島には古くからある建物が多くあり、19世紀に建てられ建物をホテルにしているところも多いのです。
そのため、ホテル選びで注意すべき点があります。

まずは空調!
古い建物のせいか、隙間風が入ってきていて室内が寒いこともしばしばあります。
日本のホテルはしっかり空調管理がされているところが多いので、そのつもりでいくとがっかりしかねません。
ホテルを選ぶときに空調についてはあまり考えたりしないかとは思いますが、忘れずにチェックしておいた方が良いでしょう◎

お部屋の狭さも重要!
ベッドでいっぱいで、とてもくつろげない狭さのお部屋もあります。
一人旅ならば良いですが、家族旅行や友人との旅行だとできれば避けたいですよね。
ファミリータイプなどの記載があるか、部屋の写真はあるか、よく確認したほうがよさそうです◎

せっかくの旅行ですからすべてを完璧に素敵なものにしたいものが、その土地になじむとゆうことも、旅の醍醐味です♪
ホテルの古さや日本とは違う様々な設備を全て「楽しむ」という観点で体験してみてはいかがでしょうか。
新しい価値観を味わえるかもしれませんよ☆

 

ナンタケット島を楽しむには

ナンタケット島には大型娯楽施設も、巨大なフードコートもありません。
フードコートどころか、ファストフードやファミリーレストランもほとんどありません。
多くは、古く歴史漂わせる小さな一軒家のようなタイプのレストランです。

ただ、ナンタケット島にはとてもフレンドリーで優しい人たちが住んでいます。
レストランで食事をしていると、話しかけられることも多くあります◎
是非、観光マップには載っていないような楽しみ方の情報を聞いてみてください♪

ナンタケット島の歴史を知る面では、捕鯨博物館がおすすめです◎
実物大のクジラの骨を組み立てた模型もあり、こんなに大きなものにこんな装備で立ち向かう先人の勇気に感服することでしょう。

そして、ナンタケット島を観光するときはレンタカーよりも、レンタル自転車をおすすめします。
車では見過ごしてしまうような道端の花や鳥、肌に感じる爽やかな海風を堪能できるからです♪
そして、それこそが、ナンタケット島の最大の魅力です◎
いくつかある灯台までサイクリングを楽しんで自転車を止めてみると、聞こえるのは波の音と遠くのうみねこの鳴き声だけ。
そんな、映画のワンシーンのような景色の中に自分自身が溶け込む経験は、かけがえのないものになることでしょう。

その他、ナンタケット島にはアートショップも数多く存在します。
肌で感じたナンタケット島の風や素晴らしい景色を、1枚の絵に詰め込んで帰るのも良いと思いますよ☆