AULII

優雅にナチュラルライフを

  • ナンタケットバスケット
  • Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)

オーナー&バイヤーのブログ

オーナー&バイヤーのブログ

ナンタケット島に旅行に行くなら!?押さえておきたいファッションポイント

ナンタケット島は高級リゾート地・避暑地として高い人気があります。ただ、時間や場所によりファッションががらりと変わるため、前もって知っておくことが大切です。ここでは、押さえておきたいファッションポイントについてご紹介します。

基本はカジュアルファッションがお勧め♪

ナンタケット島に住んでいる人は基本的におっとりしている人が多く、また服装もカジュアルファッションが多いのが特徴です。
日本では普段から外出するときは着飾る傾向にありますが、ナンタケット島では日本でいう「すぐ近くのコンビニに行く」くらいのゆるめのファッションの人が圧倒的◎
ばっちり着飾らなくてもラフなパーカーにスウェット生地のズボン等で歩くことができますので、是非カジュアルファッションは一つ持っていきましょう♪

また、足元もシューズやサンダルで大丈夫◎
島の中には石畳の場所が多くて少し歩きづらいので、ヒールをはいた靴でいくとすぐに足が疲れてしまいます。
シューズやサンダルならバランスを崩す心配もありませんので、ぺったんこの靴はマストです♪

避暑地として有名なナンタケット島ですが、昼間は日差しがあるので日焼けしたり暑く感じることも◎
肩や足を出すファッションの時は、日焼け止めをしっかり塗ってお肌を守ってくださいね。
麦わら帽子や女優帽などを持っていけば日焼け対策にもなり、”観光気分”を一層味わえるのでお勧めです♪

雰囲気の良いレストランやバーでは少し着飾ろう♪

近年、ナンタケット島に旅行に行く人が増えているため、レストランやバーに行くとドレスアップした人も多く見かけます。
現地の人も少しオシャレをして食事を楽しんでいる人もいるので、ディナーの時間は素敵なワンピースやアクセサリーで着飾りましょう♪

また、アクセサリーを付けている人の中でも特に人気なのが、ゴールドカラー◎
派手なゴールドのネックレスやバングルを付けている人も多いので、遠慮せずにしっかり着飾っても大丈夫ですよ♪
ただ、明らかに胸元が開き過ぎていると品がなく見えてしまう事もあるので、品の良さを意識した綺麗めスタイルがいいかもしれません◎
白を基調としたAラインワンピースや花柄のマキシ丈ワンピース等、誰が見ても素敵だと思えるようなファッションを意識してみましょう。

あまりアクセサリー等を持ってきていなかった場合は、現地で購入することもできます◎
ナンタケット島にしかないバスケット型のネックレスや島の形をしたペンダント、南国風を感じさせるバングル等たくさんあります♪
思い出やお土産にもなるので、是非一度ショップに足を運んでおきましょう。

朝晩は冷え込むので防寒対策もしっかりと!

ナンタケット島のホテルは10名から20名ぐらいの人数が定員の小さい一軒家がほとんどですが、19世紀頃に建てられた建物が多く室内が寒い場合があります。
ホテルに宿泊する時は保温性の高いパジャマや下着、靴下等を持参しておくと安心です。
現地でも服を購入することができますが、すぐ近くにショップがあるかどうかわからないため、防寒対策用の服は多めに持って言った方が◎

また、海が近く素敵な灯台もあるので朝早くに起きて海に行く計画を立てる人も多いと思いますが、朝は霧が発生しやすく天候不良になることも多いので、必ず羽織物を持っていき現地で風邪をひかないようにうまく温度調節をしましょう♪

楽しい旅行は万全の準備が必須◎

ナンタケット島は趣のある景観が美しく、かつては捕鯨の産業も発達をしていた興味深い地域です。
ボストンからの利便性も良いですが、日本から遠く離れている場所なので頻繁に行ける所ではありません。
旅行を全力で楽しめるように、現地についてある程度の知識を身につけておくことが大切です♪

また、基本的には車ではなく自転車をレンタルして島内を回ったり、徒歩で移動をすることになります。
ずっと歩いていると寝る頃には疲れがたまり足が痛くなる事もあるので、連日の旅行を楽しむためにも湿布や足のむくみを取るようなグッズを持って行っておくといいですね◎

楽しい旅行には万全の準備が欠かせません。
持っていくべき物やファッションの下調べをして、是非楽しい旅行にしてくださいね♪