AULII

優雅にナチュラルライフを

  • ナンタケットバスケット
  • Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)

オーナー&バイヤーのブログ

オーナー&バイヤーのブログ

見どころ満載♪初めてのナンタケット島観光の楽しみ方

見どころ満載♪初めてのナンタケット島観光の楽しみ方

ナンタケット島は避暑地やリゾート地として高い人気があり、繁盛期は多くの観光客が訪れています。初めての観光でも全力で楽しめるように、土地についての知識やお勧めの場所についてご紹介します。

避暑地として大人気!

ナンタケット島はボストンの南下に位置する島で、淡路島の4分の1ぐらいの大きさです。
19世紀からの古い建築物が年月を経てグレーの美しい色合いになっていることから、グレイレディとも呼ばれています。
島の中心部にはお店や飲食店等が集まっているので、ゆっくりと買い物や食事を楽しめます♪
ボストンからはフェリーや飛行機を使って移動が出来るため、自動車を持っていなくても観光を楽しめるのが嬉しいところ◎

ナンタケット島は寒冷地なので避暑地として高い人気があり、特に5月から10月ぐらいに足を運ぶ人が多いです。島のホテルは19世紀の小さな一軒家がほとんどで、10名から30名ぐらいで満室になってしまうため、何泊か宿泊する予定であれば早めに予約をしておきましょう!
ただ、ナンタケット島のホテルは基本的に全額前払い制になっており、キャンセルするとキャンセル料が発生するため注意。

ナンタケット島で散策を楽しむ時は、足が疲れにくい歩きやすいシューズを選びましょう◎
また、島内にレンタサイクル屋さんがありますので、島内をくまなく探索したい人は車よりも自転車を利用した方がいいかもしれません♪
ただ、日本とは違いナンタケット島では自動車と同じで右側通行になっています。安全に走行するためにも運転マナーはきちんと守りましょう。

まずは有名な捕鯨博物館へ!

ナンタケット島は昔、捕鯨の産業が発達していました。捕鯨博物館は島の歴史や捕鯨について学ぶ事が出来ますので、日本へのお土産話を持ち帰るためにも訪れておきたい場所です♪
中にはクジラの骨格の標本や、捕鯨に使用したボートや槍等が展示されています。

また、美しい透明感のある海がもう一つの特徴となっており、島の中心部から自転車で15分程度の所に3つの灯台があります。派手な看板やファーストフード店などはありませんが、ゆったりとした時間を過ごせるのが最大の魅力です♪
霧が発生しやすいため、朝の景色はとても幻想的◎是非宿泊した翌日は早めに起きて、海へ出かけましょう♪
ただ、ナンタケット島は気温よりも体感温度が低くなっているため、夜や朝は体調を崩さないように保温性の高い衣類を着用して下さいね。

素敵な海の景色を堪能したら、島の中心部に行けば10名から20名ぐらいが入れる飲食店があるので、ゆっくりと会話を楽しみながら食事ができます。
朝はドレスコード等も特にありませんが、ナンタケット島内にある飲食店は夜になるとドレスアップして食事を楽しむ人が多いので、変に浮かないようにファッションには気を付けましょう。

島内のショップやギャラリーもチェック☆

ナンタケット島内には、美しい海や街並みを描いた油彩画や水彩画等を販売しているショップがあります。
原画は値段が少し高めになっていますが、リトグラフやポスター等はリーズナブルな価格になっているのでお土産にぴったりです♪
また、有名な伝統工芸品であるナンタケットバスケットの専門ショップも多くあります。通常のカゴバッグとは全く異なる素敵なバスケットで、フォーマルな場でも唯一使用できるカゴバッグとも言われています。女性に特に喜ばれますので、大切な恋人や母親等へのプレゼントにどうぞ◎
その他にも島の中心部には多くのショップがありますので、観光スケジュールのどこかにショッピングは必ずいれておきましょう♪

ナンタケット島には代表的な遺跡等はありませんが、歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気が最大の魅力です。
個人のギャラリーでは素敵な絵画を多く展示されているので、芸術に興味のある人はぜひ足を運んでみて下さい♪

全体的に派手さはありませんが、ゆっくりと落ち着ける雰囲気がナンタケット島の最大の魅力です。
特に目的はなくても、島をゆっくりと散策するだけでも日本では味わえない楽しさがありますよ♪