AULII

優雅にナチュラルライフを

  • ナンタケットバスケット
  • Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)

オーナー&バイヤーのブログ

オーナー&バイヤーのブログ

お菓子業界に突入!?ナンタケットバスケットのクッキーを作る人が続出中!

お菓子業界に突入!?ナンタケットバスケットのクッキーを作る人が続出中!

お菓子業界に突入!?ナンタケットバスケットのクッキーを作る人が続出中!

アメリカで有名なカゴバッグ「ナンタケットバスケット」をクッキーで再現している人が続出しています。凝ったクッキーを作りたいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

元々のナンタケットバスケットはどんなの?

クッキーを見る前に、元々のナンタケットバスケットについて知っておきましょう。

ナンタケットバスケットは、アメリカのマサチューセッツ州にあるナンタケット島で作られている工芸品です。しっかりと編みこまれた品のあるバスケットで、巷では「バスケット界のエルメス」とも呼ばれています。また、デザインだけでなく機能性も高いため簡単に壊れることはなく、長く使用出来るのが特徴です。

サイズは大小問わず作られており、小さな小物を入れる物からお出かけに便利な中くらいのサイズ、そして自宅でインテリアとして収納できる大きなサイズもあります。
小さ目のバスケットはとても愛らしい見た目で”和”の雰囲気を感じるので、着物を着て持ち歩くのにもぴったりです。

しっかりと繊細に編みこまれたナンタケットバスケットは、老若男女問わず使用できます。販売されている物を購入するのも一つの手ですが、手作りできる体験教室もいくつかありますので、自分で作ってみるのもまたいいですね。

ナンタケットバスケットのクッキーって!?

それでは、クッキーでどうナンタケットバスケットが再現されているのか見ていきましょう。

素敵なオープンハウスで、ゲストの方へお配りするアイシングクッキーをお作りさせていただきました~!
先生のblogは、「紫陽花の咲く島から」。(ナンタケット島は紫陽花がキレイなんだそう~)
なので、紫陽花と、ナンタケットバスケットのアイシングクッキーです。
クッキー本体は、千石先生作です♪これ食べたら、バスケット編むのが上手になります。(ほんまか?)

紫陽花が立体すぎて、お持ち帰りの際にもしかしたら欠けちゃってるかもですね。。。
配慮が足らず、ごめんなさい。
欠けたら、それは食べ時!思いきって食べてください!!!
(URL:http://ameblo.jp/sachikosugar/entry-11210901705.html)

こちらの方は、簡単にナンタケットバスケットの絵を描いた小さくて可愛いクッキーを作っています。
「美味しい・可愛い」クッキーは誰にあげても喜ばれるので、プレゼントに最適ですね。

先日、ずーーーーっと楽しみにしていたナンタケットバスケットのレッスンに行ってきました
去年の夏、生徒さまからのご依頼でこんな↑アイシングクッキーを作ってから、
いつか自分でもナンタケットバスケットを・・・と夢見ていたんです。

もちろんまだ一回なので完成には程遠いですが。

少しずつ少しずつ、丁寧に完成に近づいていく感覚、くせになりそうですね。

完成したら、自分の作品をモデルに、ナンタケットのアイシングクッキーまた作ってみたいと思います!
いつになることやら
(URL:http://ameblo.jp/bon-farine/entry-12006188258.html)

こちらの方はクッキーの表面にナンタケットバスケットを描いていました。
繊細な網目まで忠実に再現されていて、また蓋の装飾も立体的に描かれています。

■引用テキスト(310文字)

今日は、久しぶりにアイシングクッキーのレッスンへ行ってきました
今回のテーマは「ナンタケットバスケット」

・小さなバスケットを飾り付けたツリー
・バスケットの蓋のモチーフクッキー
・くじらさん
・シェル

の4つのクッキーを作ってきました ♪

いつもの仲良しグループでのレッスンなので、お喋りも忙しくて手を動かすのも必死です。

綺麗に出来たかどうかは別にして、私は蓋の編み編みが特に楽しくて、ここをやるときばかりば無口になってました

でも、やっぱりアイシングは難しい~
真っ直ぐすらっとラインを引ける日がやってくる事はあるんでしょうかw

でも、先生の可愛いデザインに満足です

娘に食べて良い
って聞かれたけど、お断りしてもう少しだけ飾っておきます。
(URL:http://ameblo.jp/lafeuille0303/entry-12093787790.html)

こちらの方はクッキーの土台でナンタケットバスケットを再現しています。
どれくらい手間がかかるのかが気になる所です。

その他にも、平面クッキーではなく完全再現として立体的なクッキーを作成した人もいました。
クオリティが高すぎて、食べるのがもったいないと感じてしまいそうですね。