AULII

優雅にナチュラルライフを

  • ナンタケットバスケット
  • Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)

オーナー&バイヤーのブログ

オーナー&バイヤーのブログ

《ナンタケット島への移動は合計20時間!?》体力を温存するために持っていきたい超便利グッズ☆

せっかくナンタケット島に行くなら、到着したらすぐにアクティブに行動したいですよね♪長旅の疲れを残さないためには、長時間の移動をどれだけ快適に過ごせるかにかかってきます。リラックスしてフライトを楽しめるアイテムをご紹介します♪

移動で疲れて旅行が台無し!にならないために

避暑地として有名なナンタケット島に行きたい!そんな人もいるかもしれません♪
ただ、どうしてもネックになるのが「移動時間」です。
なんと、日本からナンタケット島に行く場合は移動だけでも20時間!?
かなりの時間移動する必要があるので、島に到着してから存分に楽しむためにも、体力を温存しておくことが大切!
ここでは、大切な旅行のための快適グッズを紹介します♪

 

命綱の携帯…絶対欠かせない「モバイルバッテリー」

動画の鑑賞やSNSの更新、チェック、ゲームなど、スマホやタブレットは機内の退屈しのぎには欠かせません◎
そんな携帯が、バッテリー切れを起こしてしまっては持ってきた意味がありませんよね。
イマドキの海外旅行で必須アイテムの筆頭に挙げられるのは、やはり「モバイルバッテリー」でしょう!
複数のモバイルもパワフルに充電できるように大容量で急速充電が可能、しかもコンパクトで荷物にならない製品を選ぶのが正解です。
機内はもちろん、宿泊先でも大活躍してくれるでしょう♪

また、海外旅行用の変換プラグも併せて持っていくと便利です。
複数のプラグがセットになっており、どの国に行っても持参した電化製品が使えるという頼もしい代物☆
変圧機能が搭載されていない電子機器を使用する場合は、別途変圧器が必要となります。
確認せずに充電しようとすると、機器が壊れてしまうこともありますので注意しましょう。

また、変圧器も持って行くのであれば、USBポートが装備された充電器が便利です。
こちらの充電器であれば、持参した電子機器も安心して充電することができますので、不安な方は変圧器が搭載された充電器をお勧めします◎

 

身体に疲れを溜めないための便利アイテム「フットラック」と「ネックピロー」

機内の狭い座席でくつろぐための便利グッズとして持っていきたいのが、「フットラック」と「ネックピロー」です。
ネックピローは定番のトラベルアイテムですが、フットラックって何?と思われる方も多いでしょう。

「フットラック」は、座席の前テーブルに吊り下げて足を乗せられるトラベルグッズです◎
辛いむくみや窮屈さを軽減してくれ、エコノミー症候群の予防にも効果的とされているアイテムです♪
国内・国際線を問わず、ほぼ全ての飛行機の座席に装着可能で、長さの調節も自在なので小さな子供や小柄な方でも楽に座れるようになります。
コンパクトに折りたためますので、荷物にもなりません☆

さらに、「ネックピロー」があれば機内でもしっかり眠れますので、目が覚めればもうナンタケット島はすぐそこです♪
ネックピローは空気で膨らませるタイプを選ぶとかさばらず、カバーを取り外して洗えるタイプなら清潔に使えます。

 

コレさえあれば機内でもぐっすり快眠!「耳栓」

しかし、これらの便利グッズでリラックスできても、周りが騒がしければ眠りにくいのは当然です。
機内は、慣れない人にとってはかなりな騒音に満ちています。
周りの人の話し声や飛行機の騒音などが気になっては、眠れるものではありません。
そんな時には「耳栓」で騒音をまとめてシャットアウトしましょう♪

耳栓は遮音性が高く、柔らかいタイプを選べば長時間装着しても痛くならず快適です☆
さらにアイマスクと併用すれば、狭くて騒がしい機内でもぐっすり眠ることができます。

最近では、ただ耳に引っ掛けるだけの従来のアイマスクとは異なり、ベルトを頭の後ろで留めるバックストラップ方式が採用されているタイプが人気を集めています◎
長時間付けていても耳が痛くなることもなく、寝返りを打ってもズレにくい!
サイズ調節も簡単なので誰にでもフィットして、光を遮断してくれます♪
目や鼻の形に凹凸がある、立体的な形状をしているタイプならばモアベターです。
圧迫感がなく、顔に痕も付きにくいので重宝するでしょう☆