AULII

優雅にナチュラルライフを

  • ナンタケットバスケット
  • Ivana Helsinki(イヴァナヘルシンキ)

オーナー&バイヤーのブログ

オーナー&バイヤーのブログ

【ナンタケット島の魅力】こんな所にこんな素敵な島があったのか!

【ナンタケット島の魅力】こんな所にこんな素敵な島があったのか!

驚くほど澄みきった青空に映えるコバルトブルーの海が魅力的な「ナンタケット島」。
セレブがこぞって集まるこの島は、死ぬまでには一度訪れてみたいと思えるほど居心地がよく素敵な魅力があります。

そんな魅惑のナンタケット島を余すことなくご紹介します♪

まさに憧れのリゾート地♪

ボストンの空港からセスナ機で訪れる事ができるナンタケット島は、コバルトブルーの海に囲まれた島です。

日本の景色にはないハーバーの風景がとても美しく、島の中にはレンガ調の建物があちらこちらに立ち並び、街中を散策しているだけでも心が満たされるほど美しい世界観があります。
離島というと交通網が発展していない寂れた町だと想像される方もいるかもしれません。

しかし!この島はセレブが訪れる島としても有名です!
リゾート地として栄えているので、毎年多くの観光客が訪れるのもうなずけますね♪

ナンタケットは、米国のマサチューセッツ州ケープ・コッドの南30マイルに位置する島である。ナンタケットの海側の地域はマサチューセッツ州の中で最南端の入植地である。
ナンタケットは観光地であり、有名なリゾート地である。島の人口は、観光客と別荘を持つ人のため、夏の間は約10,000人から50,000人に増える。マサチューセッツ州で地価が最も高い地域がある。
米国国立公園局は、ナンタケットとシアスコンセットの入植地に特別な配慮を示し、島全体を国立歴史地区に指定している。米国において南北戦争前の構造物が最も集中している地域の一つであるという特色を有する。
(引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88)

期間限定のスイセン祭りがおすすめ!

春、島が始動するきっかけとなるのが、毎年4月最終週に行われる「水仙祭」(Daffodil Festival)です。
2007年は、4月27日から29日の期間がこれにあたりました。
名前のとおり、スイセンの開花とともに訪れる春を祝い喜ぶ、ナンタケット島のイベントです。
このイベントには、ボストンなど島外から多くの観光客が訪れますので、この祭りに向けて、4月20日を営業開始日としているところが多くあります。
このタイミングで、7割くらい(感覚値ですが)の店舗・施設がオープンするのではないかと思われます。
(引用元URL:http://www.klaverjapan.com/guide_season.html)

年に一度、オンシーズンの幕開けとなるスイセン祭りの日に行けました♪
ナンタケットは風が強く寒いと聞いていましたが、この日はすっごくいい天気!
島の人いわく、8年いるけど、このフェスティバルの日がこんな暖かくいい天気なのは初めて!とのこと。私たちラッキーじゃーん♪
スイセン、そう黄色い花のあのスイセン。
祭りの名前になるぐらいですから、街にもたくさん咲いてます。
今ちょうど見頃!そしてこの日は、街にくる人もみーんなスイセンの花で飾りつけてやってきてます。
(引用元URL:http://okugurashi.exblog.jp/13536252/)

美しい海だけではなく、華やかなスイセンまで楽しめるなんて本当に最高ですね。

ボストン近郊からも沢山の観光客で賑わい、スイセンフェスティバルを目当てに訪れる日本人観光客も多いそうです!

真っ青な海に映える黄色のスイセンがとても綺麗です。
このお祭りが開催されている間は、カフェやレストランといった飲食店やお土産屋さんも続々オープンするので、ナンタケット島ならではのバスケットを買い求めるだけではなく、美味しい食事を堪能するのも良いかもしれません。

春のナンタケット島は、120倍楽しめますね♪

ここは日本?!横浜にもナンタケット島がある?!

実は、日本にもナンタケットに関係のある建物があるんです。それは、「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」です!

アウトレットモールの建物や街並みなど、すべてナンタケット島の港町を参考に造られています。
横浜のヨットハーバーから見える景色はまるでナンタケット島そのものです♪

「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」は、日本最大級のマリーナに面した開放感あふれるとってもおしゃれなアウトレットパーク。
アメリカ東海岸ナンタケット島の港町から出航した船長と少年が鯨に導かれて横浜に辿り着くストーリーをコンセプトに建物全体をデザイン。船のオブジェや白亜の時計台などアメリカの雰囲気と爽やかな海風を感じながらショッピングが楽しめる。
(引用元URL:http://park.tachikawaonline.jp/outletmall/mitsui_yokohama.htm)